ホーム > 事業概要 > 不動産事業 > 事業スキームのご紹介

事業スキームのご紹介

コンサルティングも、運営・管理もプロフェッショナルに。

不動産はどれもが異なる個性を備えています。その特性を生かし、持てる能力を引きだして資産運用を図る「プロパティマネジメント」。「土地・建物」という資産、「商品・サービス」という資産、「人材」という資産を最大限に活用し、トータルの価値を高めていくものです。
当社が開発し、成功をおさめてきた「転貸システム」は、オーナー様、テナント様、ダイワロイヤルの三者が「成功」という目標へ向けて一体となる不動産活用。私たちには多くのノウハウと豊かな実績があります。


建物転貸システム

「サブリース」と呼ばれている賃貸方式は、正確には「マスターリース」と「サブリース」を組み合わせた方式を言います。「サブリース方式」を利用すると、オーナー様は賃貸経営にかかわる手間が省ける、空室リスクを軽減できるなどのメリットを享受できます。

建物転貸システム

※マスターリースとは、不動産会社が、建物を一括して借り上げる賃貸借契約。

※サブリースとは、賃借人(不動産会社)と第三者(入居者様)との間で、マスターリースに伴う不動産会社の賃借権を第三者に行使することを容認する契約。いわゆる転貸借契約。


借地転貸システム

土地オーナー様から土地を借り受け、テナント様がご希望する仕様の建物を建築したうえで、テナント様に賃貸する不動産リースです。

借地転貸システム

※「定期借地権」とは、従来型の借地権とは異なり、法定更新がなく、予定された期間が満了すれば借地権が消滅する制度です。その意味で、将来の返還が確約されたものと言えます。


事業用定期借地権

存続期間 10年以上50年未満
借地の利用目的 専ら事業用(居住の用には使用できない)
契約の内容(特徴) 以下の借地法の規定の適用を受けない
(1)通常の借地権にあたる契約更新の規定
(2)契約期間中の建物再築による契約期間の延長規定
(3)契約期間終了時の建物買取請求権
契約終了時 借地人は建物を取り壊したうえ更地の状態で明渡す
(中途解約の場合も同様)
契約の形式 公正証書


自社運用

上記スキームの他にも、事業用地であれば当社による土地の借地、建物建築も検討させていただきます。

自社運用スキーム

プロパティマネジメント(PM)業務

「プロパティマネジメント」とは、所有者の立場を代行し、所有する物件ごとにその経営代行と実務執行を行う、不動産の現場に近い業務を行うことです。昨今の不動産流動化・証券化の流れの中で投資対象としての不動産という新たな性格も加わり、今後ますます所有と経営の分離という考え方が一般化していくと思われます。
当社は商業施設のリーシングに圧倒的強みを持つ大和ハウスグループの一員として、プロパティマネジメント業務を通じて、煩わしい不動産管理・運営業務からオーナー様を解放すると同時に、所有する不動産に付加価値を提供することで、資産価値の向上ひいては収益の最大化を目指し、プロパティマネジメントを日々実践しています。

プロパティマネジメントの要点
このページの先頭へ